読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLUE GIANT SUPREME 第6話「AT LAST」感想

ドイツに来て初めてのライブ。遠く日本から離れたこの場所で、果たして大の音は通用するのか。 ジャズは国境を越えて自分に届いた。だからきっと……。そう思いながら大が吹く一曲目は、ユキノリが作った「ファーストノート」。がむしゃらに吹く大ですが、初め…

BLUE GIANT SUPREME 第5話「PEOPLE」感想

クリスの尽力によって小さいながらもジャズバーで演奏できることになった大。チャージ――見物料はどうするかと聞かれ、最高額の10ユーロを選択します。最高額と言っても、10ユーロは日本円で大体1200円程度らしいのでかなり低い料金に感じます。それでも大抵…

BLUE GIANT SUPREME 第4話「DEEP NIGHT」感想

前回話しかけてきた男、クリスに、自分はサックスで世界一のプレイヤーになりにドイツに来たと大は話します。それを聞いて何か思うところのあるクリス。資金が十分にない大に、自分のアパートで暮らさないかと提案。え、もしかして……こいつゲイなの?とんと…

BLUE GIANT SUPREME 第3話「IN BETWEEN」感想

ドイツで吹くにはどうしたらいいのか模索する大。ドイツではみんなジャズは静かに聴くのを目の当たりにし、「盛り上がる」とは一体なんなのかを今一度考えますが、答えは出ません。 前回とは別の店のマスターに自分はここで吹けるか?と質問したところ、アジ…

BLUE GIANT SUPREME 第2話「OUT OF NOWHERE」感想

大がバーでサックスを吹こうとして止められて、ドイツ語の勉強を始めました。以上。 ……だと前回と同じで芸がないのでもう少し詳しく語っていきます。 大はまずこれからの第一歩としてバーに行きドイツのジャズを聞きますが、思っていたのと違い静かなジャズ…

BLUE GIANT SUPREME 第1話「WONDERLAND」感想

大がドイツに着いて川の畔でサックスを吹きました。以上。 びっくりするぐらい何も起きませんでした。後の契機となる人物と出会うぐらいはあると思っていましたが、まあよく考えれば当たり前のことですよね。 ツテも何もない大がいきなりドイツに行っても、…