読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モブサイコ100 第8話「兄ペコ~破壊意思~」感想

モブサイコ100

私は裏サンデーの時代からモブサイコ100を読んでいるので、感想も今後の展開のネタバレありありになると思います。
モブサイコ100が読めるのは「マンガワン」だけ!(ステマ
そういえばモブサイコ100はそろそろ100話を迎えそうですが、100話がちょうど最終回に来るのでしょうか。

今回は原作の29話後半からから34話前半まで。前回カットされたと思ったテルがモブを呼ぶシーンは冒頭に来ました。こっちのほうが律と同じように前回突然現れたモブにびっくり出来るので良い改変だと思います。

1.jpg
「へえ~、DA☆TEかよ」
「違います」
しかしテルも丸くなりましたね。髪と一緒に憑き物も落ちたのか。

テルに連れられていくとそこにはボコボコにされた不良たちと弟・律の姿が。
律は自身が超能力を手に入れたことをモブに告げ、モブもそれを祝福しますが律は今まで溜め込んでいたものを吐き出します。

「僕は超能力に憧れていたんだ。そして兄さんにも憧れていた。
兄さんは僕にとっての太陽だったんだ。
・・・あれ?それってつまり……兄SUNじゃん!」

嘘です。「グッド・ナイト・ワールド」の岡部先生は控えめに言って天才だと思う。

2.jpg
「僕はあなたが怖かった。ストレスが溜まると何をしでかすかわからない。兄弟喧嘩なんてできたもんじゃない」
ですよね。ノーマルがエスパーに絶対に敵わないのは今まで何度も描かれてきました。そうでなくとも、なんのきっかけでモブの超能力が自分に向けられるかわかったもんじゃありません。この後律が言うように、律には兄から自分の身を守る術がないのですから。
しかし今や心の底から欲した超能力を手に入れ、兄への憧れも怯えも無くなったという律は、モブに「仲良し兄弟は終わり」と宣言します。それに対してモブは、

3.jpg
「律。わかる。それは嘘だね。
……でも本当なんだね。僕は律の兄弟だ。ねぇ律。半分は本当なんだろう?」

律にとってモブはただ恐ろしいだけの存在じゃない。かつての憧憬も間違いのない気持ち。しかし拭いがたい恐怖や劣等感を抱いていたのもまた事実。兄だからこそ分かる弟の気持ち。だからこその「半分は本当」。非常に良いシーンです。ここらへんのバランス感覚はさすがONE先生。先生にも兄弟がいるのでしょうか。

モブは律がぶちのめした不良たちに頭を下げます。兄ペコってそういうことかよ!って叫んだ、原作を読んだ時を思い出す。てっきりモブにエクボが憑依して顔がペコちゃんになるのかと。まあ後にある事情で憑依しますが。

6.jpg
「律。僕を突き離そうとしたって無駄だよ。兄弟なんだから」
原作を読んだ時もゾクッとしました。モブサイコ100「サイコ」ってそういう意味かよ!って(ry
しかし人間としてはまだまだ未熟なモブですが、兄としては非常に大人です。

こうして影山兄弟初の喧嘩はモブの勝利で幕を引きましたが(そもそも律の一人相撲だったけど)、そこに「狙い撃つぜ!」でおなじみの三木眞一郎扮する「大人の超能力者」が乱入。律を傷つけられ怒るモブと、キャラデザは雑魚臭半端ないけど意外と強いロックオンの闘いがエライ作画で行われる。そしてモブは再び100%に。

8.jpg
「わかるか?なぁ……僕の敵意!
お前が開放したんだ。お前が!
フルパワ―― 100%中の100%!!!」

色々混じってるけど間違ってはない。

一方モブがそんなことになってるとはつゆ知らず、霊幻はエステという名の除霊、失礼、除霊という名のエステに勤しんでいた。ちなみにアニオリじゃなかった。
モブサイコ100最大の謎はなぜ霊幻はいんちき霊能者なぞやっているのかということ。まあそれも後に明かされるんですけど。

そして明らかになる、超能力者たちの組織。その名は「爪」。
次回の副題が「第七支部」ということは、特に最後まで改変はない様子。
二期の可能性も十分にありそう。ストックもあるし。というかストックの問題でワンパンマンよりも二期早く来そう。