読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のジャンプ感想 2016年41号

ブラッククローバー
201641-1.jpg
お互いの成長を自分のことのように喜び、負けてられないと奮起する二人。うーん、熱い友情ですな。
ブラクロは王道と呼ぶにはあまりにもありがちな展開とワンパターンの繰り返しなど短所の多い漫画ですが、こういった長所も多いマンガでもあります。才能0だけど努力でそれを補おうとしてきたアスタと、天才だけどアスタがどれだけ凄いか知っているユノ、この二人が認め合ってるというのが実にいい。互いを高め合うライバルというのは見ていて実に気分がいいです。似たような立ち位置のサスケはツンが長かったし、その後はアレでしたし。ライバルが闇堕ちするってのはよくありますが、こんなにアスタと仲の良いユノが闇堕ちするとは現状では考えられませんね。

食戟のソーマ
201641-2.jpg
空いた十傑ってバトルロイヤルで決めるんだ、へー……。そんなテキトーな方法で決めていいもんなんですね。ブラクロじゃないけど実績で決めればいいのに。あーでも叡山(笑)は実績で選ばれたんでしたっけ。ならこの方法が一番いいのか。
葉山がこのあと創真に負けるのは確定として、そしたらまた十傑の席が空くわけですけど、創真は多分十傑にならなそうだし久我がそこに納まるのもなんか違うし、十傑(実際は九傑)になるんですかね。仮面ライダー555の三人しかいないラッキークローバーみたいに。

火ノ丸相撲
201641-3.jpg
童子切安綱と草薙剣、お互いの必殺である小手投げと上手投げの打ち合い。その裏で火ノ丸の新しい相撲の芽吹き。最後はかつて沙田が感じた憧憬と今の火ノ丸の姿がオーバーラップして終わりという、見事な一話でした。
相撲の神に愛された天王寺、相撲の神を体現する久世、そして相撲の神を吹き飛ばす火ノ丸。これもまた見事な対比です。そして勝者は果たしてどちらなのか。私は久世が勝つと思います。というか久世に勝って欲しい。新人戦の火ノ丸VS久世からずっと、久世びいきなので。

「鬼滅の刃」
201641-4.jpg
いや、ないな。
どう考えてもこの二人が一緒になって説得するのはありえないでしょう。炭治郎は優しい性格ですし、結構一人でしょい込むタイプだから無理矢理善逸を連れてったりはしない。伊之助は論外。鬼滅の刃にはシュールな笑いが多々見られて油断していると危ない。

磯部磯兵衛物語
201641-5.jpg
「スクラップ&ビルドでこの藩はのし上がっていく。」
やめてくれ仲間先生。そのネタはオレに効く。
意外にも母上VS先生は見応えがあるし続きも気になります。仲間先生はモブサイコ100みたいなギャグバトル漫画もいけるんじゃないでしょうか。

「ファイアパンチ」
201641-7.jpg
ここのところようやく面白くなってきたファイアパンチ。前々回の「実は氷の魔女など存在せず、地球が氷河期に入って今の状態になってしまった」こと、今回の 「生きるための手段として復讐者を演じてきただけ」、という展開には驚きましたし面白い展開だと思います。見開きの「パンチだ」もいい。これからのアグニの選択と行動に期待大。