読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火ノ丸相撲 第120番「感謝」感想

主審による「物言い」――「異議申し立て」が行われ、三ツ橋に上がった軍配が協議されることに。同者が土俵の外に落ちたのがほぼ同時で、どちらが先に地に着いたのか際どい差であったためです。しかし軍配通りである可能性ももちろんある……!
120-1.jpg
が……駄目っ……!
再び取り直して勝てるはずもなく、三ツ橋の敗北が決定しました。同時にダチ校怒涛の三連勝も決定しました。
しかし金盛の独白のように、「ここまでやっても勝たせてもらえないのか」、といった感じです。三ツ橋の狂気じみた勝利への執念からくる奇策もそうですが、マンガ的に見ても、何度も前フリを入れてきたのに勝たせてもらえないとは、シビアというか、川田先生は自分のキャラに厳しいというか。中々思い切ったことをするものです。
120-2.jpg
三ツ橋は倒れこんだ時に首藤の膝をもろに喰らい、足を負傷していました。これにより決勝での桐人出場フラグが立ちました。ここらへんは予想通り。
120-7.jpg
三ツ橋を見てチヒロに去来するのは、かつて三ツ橋が言った言葉です。「いつか僕の勝利に感謝する時が来る」――。しかし勝負の世界は非情。ダチ校二連敗という後のない現実だけが重くのしかかります。
120-3.jpg
大典太がまた負けとる……。
準決勝三回戦、チヒロの対戦相手は国宝「大包平」加納彰平。久世を除けば天下五剣が高校相撲最強と勝手に思っていたので、大包平が高校相撲No.2なのはちょっと意外。モブが解説しているように、童子切安綱と合わせて東西の両横綱と呼ばれる名刀ですから、二つ名の格としては十分と言えるでしょう。
120-8.jpg
土俵の上で突然笑い出すチヒロ。土俵上でベラベラ喋るのって火ノ丸相撲じゃ珍しいですね。このマンガに出てくる奴はどいつもこいつも言葉でなく結果で語るナイスガイたちばかりなので、今回見たいなのはレアケース。空気読めないキャラのチヒロなら自然な流れだし、たまにはこういうのも悪くない。
勝たなければ全ては無意味と言う加納に、確かに結果だけ見ればホタルはいてもいなくても一緒だと言うチヒロ。
120-4.jpg
「でもな……横であいつの努力をずっと見てたら、それが全て無意味だったなんて、俺は思わねぇし、誰にもそんな事は言わせねえ」
加納の言葉を真っ向から否定するチヒロ。このあとちゃんと「お前たちもそうだろう。負けた天王寺の道が間違ってると思いたくなくて、燃えてるんだろうが」とフォローするのも良い。三ツ橋が血反吐を吐きながら努力してきたことは疑いようがありませんが、ここに立つ人間は誰しもが同じように血の滲むような努力をしてきているはずです。燃え滾っているのは何もダチ校だけではないはず。相手の意気を汲み、その上で自分が勝つという、熱い宣戦布告です。
120-5.jpg
「感謝するぜ。お前と出会えたこれまでの全てに!!!
才能に溢れ、レスリング時代は楽に勝ってきたチヒロにとって、どんなにみっともなくともチームの為に勝とうとし、その為になりふり構わない三ツ橋は自分にはないものを持つ存在でした。そんなチヒロが三ツ橋から教えられたもの。それは一勝の重みと、なりふり構わず食らいつく格好良さ。そのことにチヒロは「感謝」するのでした。
まさか「感謝する時が来る」という前フリをこういうふうに拾うとは……。
120-6.jpg
「火ノ丸の道も、ホタルの道も無駄じゃねぇ。それを……ホタルに熱を貰った俺が、てめぇに勝って証明してやるよ!!」
仲間の思いが、辿った道が、強さになる。ベッタベタですが燃える展開です。そして次回はCカラー。以前のCカラーが約一ヶ月前ですから中々の優遇ぶりです。一時期の低い掲載順が嘘のよう。