読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 総評

まず恥を承知で言いますと、私は当初Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀に全く興味がありませんでした。存在としては知っていましたが、所詮は人形劇だろう、と。失礼かもしれませんが、多くの人もそうだったと思います。それがたまたまAbemaTVで2話を見たこと…

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 最終話「新たなる使命」感想

聞いた話ではサンファンはもともと12話の予定で、ぶっちーが無理言って13話にしてもらったとのこと。それでも最終話は結構展開が早かったので、当初の予定通り12話構成だったらどうなっていたのやら。無かったことを心配しても仕様がないので、今はただThund…

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 第一二話「切れざる刃」感想

切れざる刃で万物を切る、人呼んで……“刃無峰”!今まで私のベストエピソードは殺無生が登場し圧倒的な力で魅せてくれた4話と、己の矜恃の為に負けると分かっていても戦った殺無生VS俺が最強なのは当たり前・蔑天骸が描かれた9話でしたが、それらを抜いて今回…

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 第一一話「誇り高き命」感想

早いものでThunderbolt Fantsyも11話、残す所2話になりました。これほど一つの作品にのめり込むのは久々のことだったので、もうすぐ終わってしまうのは非常に悲しい。天刑劍の柄を盗むため、凜に化けた殤は蔑天骸と空の旅に興じます。蔑天骸によって語られる…

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 第一〇話「盗賊の矜恃」感想

凜雪鴉マジ外道。凜雪鴉がどういう人間なのかが語られました。恐らく最終回は凜が勝ったと見せかけて本当は殤が出し抜いたと見せかけて凜の一人勝ちに終わるのではないでしょうか。凜雪鴉の深謀遠慮に殤が勝てるとは、ちょっと考えられません。今回殺陣は最…

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 第九話「剣の神髄」感想

丹翡ちゃんイジメ、続く。前回鬼鳥の正体が悪名高い大盗賊である「掠風竊塵」であると知った殤と丹翡。元々狩雲霄らは「世間知らずのお嬢様から天刑劍を奪おうぜ!」と鬼鳥に誘われて一向に加わったのでした。刑亥によれば、天刑劍を魔界の皇子に献上すれば…